アレルギーは治りにくい

アレルギーが治りにくいのはご存知だと思います。人間が本来持っている免疫システムから生じている病気ですので、免疫システムをなくすことは出来ません。この免疫システムが備わっているからこそ人間は生きていけるのです。しかしアレルギーは治らなくても、症状を軽減させ、良い状態を維持することは出来ます。アレルギーは一度良くなったと思っていても、おとなしくしているだけで、いつ暴れだすか分かりません。その為にも良くなってからの日頃のケアが大切です。アトピー性皮膚炎の方であれば、改善した後は、悪くならないように日頃の衣服に気をつけ、規則正しい生活、食物に対するアレルギーがあればそれらの食物は摂取しない、日頃のスキンケアはしっかり行う。などの注意が必要です。

年齢で変化するアレルギー

よく小さいころはアレルギーで悩んでいても、少し大きくなるとアレルギーの症状が治まるという方もいます。これは腸管の吸収性が年齢と共に変化していくためといわれています。ところがある時急にアレルギー症状が出る場合もあります。年齢と共に治ったのではなく、アレルギーがおとなしくしているという表現のほうが正しいでしょう。少なからずアレルギーが治ったと考えないほうがよいいと言えます。また薬も使わないに越したことはありませんが、使うときにはしっかり使う、ただし薬に頼らないと言う気持ちは必要です。薬に頼っているうちは、薬で抑えているだけですので、薬を止めれば直ぐにまた悪化する場合があります。 良くなれば様子を見て、薬から離れる努力は必要でしょう。しかし早期に対応することは悪化を防ぎ、アレルギー症状を軽減させていく最善の方法です。薬は使わないのではなく、ダラダラと使わずに、上手にポイントで使うようにしたほうが良いでしょう。 そして良くなっているときにアトピー性皮膚炎であれば日頃からのスキンケア、衣類、食事に気をつけることを忘れずに。アトピー性皮膚炎で悩んでいる方は、痒みがなくなると、悪いことを忘れてしまい、注意を怠りがちです。

免疫力のバランスが大事、それから免疫力の向上

よく「免疫力を上げるとアトピーが治る」ということを聞きますが、これは違います。免疫力のバランスが大事なのです。バランスが崩れたまま免疫力を上げても解決になりません。バランスをとってあげることが大事です。最近では鳥インフルエンザ、豚インフルエンザと私たち人間も免疫力を上げて防御する必要も出てきました。しかしまずはバランスをとり、それと平行して免疫力を上げていく。または症状をコントロールして免疫力を上げていく必要があります。薬に頼らずに良い状態が維持できているということは、免疫バランスがとれていると考えてよい思います。まずはスキンケアなどで体の状態をコントロールすることで、外の症状が軽減されれば内面的な問題も解消されていると考えてみてください。そしてこれから大きな問題となっている新型インフルエンザに対抗できるように免疫力を上げることもこれからの課題となります。 アレルギーで悩んで、免疫力の重要性をよく知っている者として、その対処を今後のテーマとして、自分で実践することで、抵抗力を身につけることが出来ると思います。

 

 

 

 

シジュウムのOS