アレルギーとは

アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎(花粉症)、気管支喘息は症状の起こる場所は異なりますが、いずれも体の中ではアレルギー反応として同じメカニズムで症状を起こすものです。アレルギー反応が皮膚で起これば痒くなり、鼻でおきればくしゃみ、鼻づまりになり、気管支でおきれば喘息の発作が起こります。同じメカニズムなので、アトピー性皮膚炎と気管支喘息、気管支喘息とアレルギー性鼻炎というように、2つ以上の疾患を抱えることもあります。またこれらの症状を交互に繰り返す場合もあります。このことをアレルギーマーチと呼びます。またアレルギーには他にもアレルギー性結膜炎、アレルギー性胃腸炎、じんましん、接触性皮膚炎も含まれ、最近よく聞かれるアナフィラキシー(急激にアレルギー症状を起こして、ショック症状を引き起こす)もそうです。アナフィラキシーショックは時として死に至る場合もあり、時々ニュースでも話題になるほどです。それ以外にも最近では食物アレルギー、昆虫アレルギー、薬物アレルギー、日光過敏症、さらには電磁波アレルギー等最近アレルギーの原因となるものが増えてきています。まさに現代病ともいえる病気です。 また自らがアレルギー原因となることから免疫疾患としてリュウマチなども同じように考えられることがります。

アレルギーは免疫力の暴走

アレルギーとは、いわゆる人間の免疫システムのバランスが壊れて、一部の免疫力が暴走してしまうために起こるものです。人間の体の中に、細菌やウイルス、異物が侵入してきたときに、これを攻撃する免疫力が人間には備わっています。私たちの周りには、無数の細菌やウイルスが存在します。これに人間の免疫力が働いて体を守ります。免疫力が低下して、感染症にかかりやすくなるのがエイズ(後天性免疫不全症候群)です。この免疫システムのバランスが崩れ、本来人間の害にそれほどならないダニや花粉、猫の毛などに、一部の免疫力が過剰に働き、ヒスタミンやロイコトリエンなどの炎症物質を放出して、炎症を起こしてしますのがアレルギーです。炎症が皮膚で起こればアトピー性皮膚炎、鼻で起こるとアレルギー性鼻炎、気管支で起こると気管支炎になります。

昔からあったアレルギー

「アレルギー」とは20世紀になってから作られた言葉です。1906年、オーストリア生まれの小児科医のピルケという人がギリシャ語の「奇妙な、変わった」と言う意味の「アロス」と言う言葉と「働き・反応」を意味する「エルゴン」と言う言葉を組み合わせて「アレルギー」と言う言葉を作りました。しかしアレルギー自体は昔からあったようで、日本でも「水戸黄門諸国漫遊記」に、喘息で苦しむ人たちを南天の葉で治療するところがあります。しかし最近特にアレルギー疾患を持つ患者が激増しており、「何らかのアレルギーを持つ人」がほぼ人口の3分の1にも達しているという驚くべき事実が分かりました。これはアレルギーが環境の変化や生活の変化に大きく関わっているということを意味するものです。今のところアレルギーについてはこれで絶対に治るという治療法は見つかっておりません。しかしなるべく副作用が少なくて効果のある方法を工夫することが今後も大切なことです。そして無用な不安を抱かず、油断せずに、アレルギーに向き合うことが大事です。

人の免疫システム

人間の外から侵入してくる異物を抗原といい、その異物を攻撃して無力化するのが抗体です。ワクチンもこの免疫を応用したもので、最初に弱くしたウイルスなどを人体に強制的に入れておくと、直ぐに体には抗体ができ、抗原を阻止しようとします。そのときの抗体の設計図は温存され、次に抗原が入ってきたときには、迅速に猛烈な勢いで抗体を作り、抗原を制圧するのです。これが免疫システムです。この免疫システムの回路がリンパ管です。リンパ管は血管と同じように体中に張り巡らされており、外部からの侵入者を防ぐいわば防衛網です。その中のリンパ球は脇の下や足の付け根にあるリリンパ腺や脾臓をキーステーションにしてリンパ管を流れています。リンパ球にはT細胞、B細胞、ナチュラルキラー細胞、キラー細胞などがあり、人体の防御に大臣あや区割りを果たしています。リンパ球と同様に血中のマクロファージや好中球などの細胞も免疫システムを担っています。また血球やリンパ球は全て骨髄に当たる「造血幹細胞」から生まれます。

 

 

 

 

免疫システムの働き方

まず外部からの侵入者である抗原に立ち向かうのがマクロファージという細胞です。マクロファージは体のどこにいても門番のように外部からの侵入者を見張っています。マクロファージは細胞・ウイルス・寄生虫などの異物が入ると何でも食べる細胞なので、「貪食細胞」、「大食細胞」と言われます。しかしマクロファージでは手に負えないときにその情報を免疫システムの中心であるT細胞に伝えます。T細胞にはヘルパーT細胞(Th細胞)、サプレッサー細胞、キラー細胞などに分かれますが、免疫システムでの中心はTh細胞です。Th細胞にはさらに「Th1細胞」と「Th2細胞」に別れます。B細胞に抗体を作る指令を出すのはTh2細胞のほうです。Th1細胞はマクロファージを助けたり、T細胞を増やす働きがあります。Th1細胞とTh2細胞は、お互いに過度に働き過ぎないようにチェックしあっています。したがってこのTh1細胞とTh2細胞のバランスは非常に大事なのです。キラーT細胞はマクロファージからの情報を受けると癌細胞やウイルスに対して独自に攻撃を仕掛ける細胞です。Th細胞に伝わった情報はB細胞に伝えられ、B細胞は抗体を作ります。B細胞はその情報を記憶することができ、一旦作った抗体については、次に必要になったときに直ぐに作ることが出来ます。免疫システムがっこまで働くには3〜4日かかります。この抗体が抗原に取り付き捕まえて無力化します。いわゆる「抗原抗体反応」です。抗体はタンパク質からできているので、「免疫グロブリン」と呼ばれています。この一つが,よくアレルギーの説明で出てくるIgE抗体というものです。免疫システムは抗原(異物)が入ってくると、マクロファージ→T細胞→B細胞→抗体(IgEなど)の順番に働き、抗原を排除します。

過剰なIgEがアレルギー症状を起こす。

先ほどアレルギーは「免疫力の暴走」と言いました。アレルギーの方は、この抗原がダニや花粉などでたわいもないものにでも、この免疫システムが作動してしまうのです。ところが大量に作られたIgEは抗原がダニや花粉となると行き場を失い、抗原にいくのではなく、マスト細胞に向かいます。マスト細胞は皮膚や鼻の粘膜、気道などの表面の近くにいる細胞で中に化学物質が沢山つまっている、通称「肥満細胞」と呼ばれる細胞です。このマスト細胞の表面にはIgEがぴったりはまる「レセプター」があり、IgEとマスト細胞がくっつきます。この状態を「感作」された状態といい、この状態ではまだ何も起こりません。しかし次に同じダニや花粉が来ると抗原抗体反応が起こりIgEとくっついているマスト細胞は大騒ぎになり、マスト細胞の中にあるヒスタミンやロイコトリエンなどの化学伝達物質を放出されてしまいます。するとこれが肌や粘膜に炎症を起こさせ、アレルギー症状を引き起こすのです。

免疫力の不思議

前述で独自に癌細胞やウイルスなどの抗原を攻撃するキラー細胞のことを言いましたが、最近免疫力が医学の世界でも注目されてきています。癌患者に寄席を見せて笑わせると免疫力が上がると言われています。昔から「馬鹿は風邪をひかない」と言われていますが、これも全くでたらめな話ではありません。キラー細胞は気持ちが欝になると、細胞の数が減り、気持ちが明るくなると細胞の数が増えると言われています。つまり神経を使う人ほどキラー細胞が減りやすく、いつもニコニコ明るく振舞う人はキラー細胞が多いのです。その為あまりクヨクヨせず、深く考えない人のほうが免疫力が強いということを経験的昔の人は分かっていたのでしょう。またアトピー性皮膚炎の方で、「風邪を引くと痒みが無くなり、痒みが再び感じるようになると風邪が治りかけている証拠」という方もいるのではないでしょうか。つまりこのときは風邪のウイルスに免疫力が向かっているため、日頃向かっているところに向かわないことで、アトピー性皮膚炎などで苦しんでいる肌の痒みからはこの間、開放されるのです。よく昔は環境が不衛生なため免疫力が向かうところはいくらでもあり、アレルギーになるような余分な状態にないので、アレルギーは少なかった。今は生活も衛生的で免疫力が活躍する場がないので、本来なら無害ものにまで免疫力が過剰に働き、アレルギー患者が激増したと言われています。

 

リンク

シジュウムのOS