健康食品といえども、軽く考いほうよいでしょう。先日肝臓に良いといわれて中国の苦丁茶を飲みました。大変苦いお茶です。以前テレビでもダイエット効果があるとて話題にもなったお茶です。これを肝臓に良いからということで、2リットルに葉を4枚入れて煎じ、毎日2リットル飲みました。1ヶ月ほど飲んで体も元気、自信満々で血液検査をしたのです。従来より肝臓が弱く、GOT,GPTは40以下で基準以内でしたが、γ-GTPが200ほどありました。しかしその検査ででた結果はGOT260,GTP460,γ-GTP620という大変悪い結果がでました。自信があったにもかかわらず、ほぼ肝炎を起こしている様子。思い当たるのは苦丁茶のみ、そこで直ぐにやめて2日後に再検査、すると数字がほとんど半分の数値に改善していました。先生から「このまま、そのお茶を飲んでいたら肝不全で死んでいたかもしれない」とさへ言われました。今苦丁茶はもろん止めています。たかがお茶と考え甘く見ていたのが原因です。何でもとりすぎには注意する必要があります。