赤ワインポリフェノールが生活習慣病を予防

生活習慣病と呼ばれる病気には様々なものがあります。動脈硬化、骨粗鬆症、高血圧、心筋梗塞、癌などがその一例です。しかしそれらは急に現れるのではなく、名前のとおり日頃の生活の中からジワジワと体に忍び寄る病気です。その予防として肉類や油物の食生活を改善して、野菜中心の生活にしたり、お酒、タバコをやめるなど、努力をすることで、これらの病気をある程度予防することはできるでしょう。しかし現実的にやはり、美味しい物は食べたい、お酒も飲みたい、またこの楽しみを我慢することでストレスがたまる。難しいものです。そこで注目されたのが、赤ワインに含まれるポリフェノール。その中でもレスベラトロールというポリフェノールは、これらの生活習慣病を予防することで注目されました。眼に見えた効果というものはないのですが、日頃から摂ることで、年老いてから大きく違いが出てくることが研究の結果報告されています。

 

リンク

OSインターナショナル株式会社