スキンクリーム類の使い方

シジュウムにはそれらを応用したスキンクリーム類等も市販されています。またこれらの研究成果も学会や厚生科学研究事業の中でも研究され報告されているものもあります。一般的にクリーム類には水溶性タイプや油性タイプなど肌の状態や環境により様々に使い分けられていますが、基本的には水性タイプは浸透性が高く、痒み軽減作用や赤みを抑えるなどの効果が中心となります。油性タイプは肌への浸透力は低いものの持続力に優れ、やはり保湿効果を狙った、肌を滑らかにする効果が中心となります。これらのクリームの特徴をうまく使い分けることで肌を上手にケアしていくことで、健康的な肌を取り戻し維持することができます。まず痒み、赤み、ニキビなどの症状には水性タイプのクリームを使うと良いでしょう。コラーゲン、ヒアルロン酸が配合されたゲルタイプもあります。しかしヒアルロン酸などの成分は保湿力があることでよく知られていますが、浸透性が高すぎるため、場合によっては刺激を感じる場合があります。このようなときにはこれらの配合されていないクリームを選んだほうが良いでしょう。油性タイプのクリームについてはやはり使用感が問題になります。保湿力が高くなればなるほど、ベタツキ感なども強くなり、どうしても使い勝手は悪くなります。状況に応じて使い分けても良いのではないでしょうか。例えば某メーカーのモイストというハードタイプは寝る前に、ホワイトのようなマイルドなものは日頃に付けるなどして、分けても良いのではないでしょうか。これについてはやはり皮膚の感覚を大事にして、肌が嫌がらないものを選ぶと良いでしょう。また水性タイプで肌の痒みをとり、その上に油性タイプで保護しても良いでしょう。またローションタイプなどは、頭皮等にも使えるので、使い勝手の良いタイプでしょう。また浸透性は高いので即効性を考えるならローションタイプです。またローションを塗った上に保湿クリームを塗ったり、中にはローションとモイストを手の平の中で混ぜ合わせて、使うと良く伸びてベタツキもなく良いといった使い方の応用として工夫すると、凄く効果的に使える場合があります。

 

 

リンク

シジュウムのOS