シジュウムの使い方概要

現在市販されているシジュウムを応用したものにはお茶、入浴剤、クリーム類などが製品かされています。ただこれらの使い方としては、自分に合ったものを使うことが肝要です。どれが自分に合っているか分からないといわれますが、アトピー性皮膚炎などのようにお肌の敏感な方はクリーム類なども塗った瞬間にクリームが自分に合うか合わないか、意外と分かります。自分の肌が嫌がらないものをまず使ってみる。無責任な言い方のようですが、これが一番大事です。そして使い方を工夫する。よく相談を受けながら、「ローションをモイストを混ぜて使うと、とても使いやすくなった」「子供にはホワイトが合っていた」「お茶のパックで体を拭いていたらよくなった」など、色々なお話を頂きます。確かにシジュウム等のように天然物の場合、その人に合うか合わないかが、大きなポイントになります。生薬などはその人その人により効き方が全く異なります。合えば効く。合わないと効かない。また飲む量などもその人により違います。シジュウムが100%効くわけではありませんが、色々工夫して試してみる価値はあるでしょう。