過剰なIgEがアレルギー症状を起こす。

先ほどアレルギーは「免疫力の暴走」と言いました。アレルギーの方は、この抗原がダニや花粉などでたわいもないものにでも、この免疫システムが作動してしまうのです。ところが大量に作られたIgEは抗原がダニや花粉となると行き場を失い、抗原にいくのではなく、マスト細胞に向かいます。マスト細胞は皮膚や鼻の粘膜、気道などの表面の近くにいる細胞で中に化学物質が沢山つまっている、通称「肥満細胞」と呼ばれる細胞です。このマスト細胞の表面にはIgEがぴったりはまる「レセプター」があり、IgEとマスト細胞がくっつきます。この状態を「感作」された状態といい、この状態ではまだ何も起こりません。しかし次に同じダニや花粉が来ると抗原抗体反応が起こりIgEとくっついているマスト細胞は大騒ぎになり、マスト細胞の中にあるヒスタミンやロイコトリエンなどの化学伝達物質を放出されてしまいます。するとこれが肌や粘膜に炎症を起こさせ、アレルギー症状を引き起こすのです。