人の免疫システム

人間の外から侵入してくる異物を抗原といい、その異物を攻撃して無力化するのが抗体です。ワクチンもこの免疫を応用したもので、最初に弱くしたウイルスなどを人体に強制的に入れておくと、直ぐに体には抗体ができ、抗原を阻止しようとします。そのときの抗体の設計図は温存され、次に抗原が入ってきたときには、迅速に猛烈な勢いで抗体を作り、抗原を制圧するのです。これが免疫システムです。この免疫システムの回路がリンパ管です。リンパ管は血管と同じように体中に張り巡らされており、外部からの侵入者を防ぐいわば防衛網です。その中のリンパ球は脇の下や足の付け根にあるリリンパ腺や脾臓をキーステーションにしてリンパ管を流れています。リンパ球にはT細胞、B細胞、ナチュラルキラー細胞、キラー細胞などがあり、人体の防御に大臣あや区割りを果たしています。リンパ球と同様に血中のマクロファージや好中球などの細胞も免疫システムを担っています。また血球やリンパ球は全て骨髄に当たる「造血幹細胞」から生まれます。