シジュウムはT細胞のバランスをよくする

アレルギーは免疫系の中心であるT細胞のうちTh1細胞とTh2細胞のバランスが崩れることにより、色々な症状が引き起こされる。少しアレルギーのメカニズムについて説明すると、インターロイキン4などによってIgEをつくりだす指令を出すのはTh2細胞です。Th1細胞はインターフェロン・ガンマー等によってTh2細胞の働きを抑える働きをしています。Th1細胞よりTh2細胞の働きが強くなって抑制がきかなくなると、大量のIgEが出てきてしまい、アレルギー症状を引き起こします。実験の結果シジュウムはある一定の濃度まではTh1細胞を活性化し、Th2細胞の働きを抑えることが分かりました。これによりアレルギーの症状を抑えられると考えられま。しかしある一定以上の濃度になるとTh1細胞の働きが弱まり、Th2細胞が強くなると言う不思議なっことが起こります。これは濃いシジュウムによりTh1細胞が強くなりすぎてバランスが崩れ、別の障害が起きることを避けようとしていることによるものかもしれません。またシジュウムは癌細胞やウイルスを直接攻撃する「キラー細胞」を活性化することも分かっています