シジュウムはロイコトリエンを抑える

ロイコトリエンもアレルギー症状を引き起こす成分です。やはりヒスタミンと同様マスト細胞から遊離し、アレルギー症状を引き起こしますが、ヒスタミンが比較的早く分解するのに比べロイコトリエンは持続的に作用し、気管支喘息などを引き起こすのが特徴です。シジュウムはこのロイコトリエンを抑制し、ロイコトリエン抑制剤である副腎皮質ホルモン「ハイドロコーチゾン」比較しても、それに劣らないほどの作用があります。